夕方に傾き始めた午後。

コンクリートを照らす日差しが優しい。

 

春が来る前の長谷駅は少し静かで、

行き交う人たちは足早に踏切を渡っていく。

 

地元の人からすれば何気ない、当たり前の日常。

 

そんな何気ない、当たり前の日常の中に、

私の新しい日々を探そうとしている。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK