誰もいない夜の鎌倉駅。

昼間の騒がしさが嘘のように、

終電のアナウンスだけが

静寂の中に響き渡る。

私たちは、

こんなにも生き急いで、

何処へ向かってるんだろう…

そんな問いにも、

答えは返ってこない。

だけど、夜の鎌倉駅は、

誰よりも優しい気がした。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK