サイトへ戻る

誰もいない朝の鎌倉

kamakura

誰もいない朝の鎌倉を歩く。

空気は澄んでいる。

微かに聞こえるのは、

JRのアナウンスと、自分の歩く音だけ。

気持ちを整えたくて歩いていたのに、

いつの間にかそんなことも忘れて、

鼻歌を歌っていた。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK