Return to site

誰もいない朝の鎌倉

kamakura

誰もいない朝の鎌倉を歩く。

空気は澄んでいる。

微かに聞こえるのは、

JRのアナウンスと、自分の歩く音だけ。

気持ちを整えたくて歩いていたのに、

いつの間にかそんなことも忘れて、

鼻歌を歌っていた。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK