サイトへ戻る

なんか、好き

kamakura

スケルトンはどうも苦手だ。

なんだか落ち着かなくて、そわそわする。

気持ちが休まらない。

でも、なぜだろう。

ここは大丈夫だ。

なんか、好き。

地元を愛する人たちが、

一日一日この場所に染み込ませた嫌味のない「安心感」が漂ってる気がする。

○○がなんか、好き。

その、「なんか好き」

の大事さをじんわり感じながら、

大通りを歩く人たちをぼーっと眺めていた。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK