時にコトバよりも伝わるものがある。

色合い、匂い、風の音。

この場所に色んな想いを重ねてきた。

134号線の風景に入り込めば、

あなただけのストーリーが

きっと蘇る。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK