サイトへ戻る

誰もいない江ノ電

久しぶりの江ノ電は、ほとんど誰もいなかった。

駅のアナウンスと鳥の声だけが響いて、

どこまでもこだましているみたいだった。

 

鎌倉を彩る看板たちが、少し寂しく映った。

 

そんな今日も、

この街は確かに呼吸している。

確かに頑張っている。

誰一人、眠ってはいない。

 

電車がきた。

さあ、行こう。

 

テキストを追加する
すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK